製作屋に務める親父の独り言

製作屋に務める親父の独り言

実川製作のホームページでネジや部品を製作、販売しているが、製作畑50年の親父が思ったことや出来事を気ままに書いています。
個人のブログもやっています、そちらも見てください。
http://yume0218.jugem.com
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
初めてのお客様
0
    個人で始めたネットショップ「來未」に初めてお客様が来た!!
    小さな歯車を製作してほしいとのこと、詳しくは個人ブログで紹介しています。
    歯車
    | 製作屋に務める親父の独り言 | 05:45 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    「自缶です」のお披露目
    0
      JUGEMテーマ:製作屋の裏話
      来る11月20日(金)、21日(土)に開催される江戸川区産業ときめきフェアに空き缶つぶし機「自缶です」を出展します。
      場所は都営新宿線の船堀駅前「タワーホール船堀」
      はじめての公開展示となります、どのような反応があるか楽しみです。
      無論どなたでも実際に動かしていただけますので是非、来場いただき実際に動かしてご意見、ご感想をお寄せください。
      ただ問題なのは空き缶が不足するだろうということです、

      以前にも書きましたが、子供はもちろん、大人でも面白がって楽しんでいました。
      反響が楽しみです。
      話は変わりますがその前に江戸川区が開催した発明コンクールにも応募してみましたが見事、落選しました。
      昨日はテレビ局のスタッフがテレビで紹介したいと下見にきましたが採用されるかどうかまだ分かりません。
      開発資金を出してくれそうな銀行を紹介するといっていた人もいましたがどうなるか分かりません。
      テスト機1号ですので意見をいただきながら改良していかなければいけない部分も多くあるかと思います。
      余談ですがコンビニやスーパーの客寄せにはいい素材ではないかと自負しています。
      | 製作屋に務める親父の独り言 | 11:11 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
      3Dプリンターで仕事をする未来は
      0
        JUGEMテーマ:製作屋の裏話
        個人のブログにも書きましたが
        http://yume0218.jugem.jp/
        エルボを3Dプリンターでプリントして欲しいと依頼が来た
        量産で金型を起こして10,000個ロットで製作する予定があるが、うまくいくか試作を製作して検討したいとのこと
        当然、不安があるものに100万円近い金はかけられないだろう。
        形状から言って切削ではかなり難しいが表面等は粗いが量産品と同じものをプリントすることは可能だ
        図面も無くこのパイプにしっくりとはまるようにと200mmで肉厚1.0mmのアルミパイプと絵を元に図面を作成してプリントした。


        より、量産品に近づけたくてDMMへ見積もりを出してみたら1個7,600円との回答がきた。
        データーもあり、印刷するだけなのに機械の精度が違うとはいえ高い。
        8個製作するのに60,000円もする、とんでもない私なら試作を断念する。
        その時思った、確かに1個プリントするのに時間は2時間近くかかるが無人でプリントできる、手間もかからないのに、
        これじゃ趣味の世界から脱却できない、広がらない訳だ、
        3Dプリンターで気軽に試作を製作できるコストでなければ、仕事で使うには高い加工賃だ
        機械は安く性能は良くなっていくのになぜプリント代がそんなに高いのだろうか。
        機構部品をSTLファイルにする人が少ない??でもプリントするだけだから関係ない。
        材料が高いのか安い材料がたくさん出てきているのに
        熱溶射の安い3Dプリンターでのプリントだが作図代とプリント代で20,000円以下で今回の依頼は受けて製作をしたが
        喜んでもらえた。

        かって、私がMCセンターを入れたとき、金型を製作する機械で制作費も高いとの認識しか無かったが
        私は零細企業を営んでいたので人件費の高騰、人材不足の解消のため部品加工用に導入した。
        今でこそ私と同じ考えなのか町工場の部品加工の主力としてたくさんの企業が導入している。

        そんな時代が3Dプリンターにも来るのだろうか、いずれにしても安く気軽に部品試作ができるように成らなければ未来は
        | 製作屋に務める親父の独り言 | 08:38 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
        子供たちが缶つぶし
        0
          JUGEMテーマ:製作屋の裏話
          以前紹介した缶つぶし機「自缶です」がやっと町会の廃品回収でお披露目できた。
          子供たちが面白がって自転車を漕いで空き缶をつぶしている。

          私は行けなかったが、町会の会長をしている社長が缶つぶし機を廃品回収に持っていった。
          小さな女の子が一生懸命立ち漕ぎをして潰そうとしている、ほほえましい。
          缶を入れてあげているのは近所のお兄ちゃん。
          面白がって順番につぶしていたそうだ、1人だけ、中を不思議そうに見ていた子供がいたそうだ。
          それが私の願いだ、電気仕掛けではなく、自分の力で缶がつぶれる。
          物つくりの原点がそこにある、何故、どうやって、面白いな、そんな興味を持ってくれれば。
          | 製作屋に務める親父の独り言 | 15:11 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
          なさけない時代だね
          0
            JUGEMテーマ:製作屋の裏話
            皮と平織りベルトとマジックベルトで太腿を押さえるバンドを製作して欲しいと依頼された。
            当社は金属加工が主の会社なのにと思ったが長い付き合いなのでカバンを製造している会社に依頼してみたら
            材料を全部そろえなければやらないとのこと、材料をそろえて依頼したが1ヶ月過ぎても製作していない
            客は怒り出して引き上げてくれと言い出した。
            やむなく、私がミシンで製作をした、金属ではなく皮を裁断してミシンがけとは考えられる??
            何とか製作をして納品したが満足してもらえたようだ
            太腿用バンド
            また仕事の巾が広がった、皮も加工できますと看板を出そうかな
            だけど情けない、かばん屋も自分の守備範囲の応用ではないのか、職人ならば受けた仕事は貫終させるべきだ
            挑戦をしてどうしても出来ないと断るならまだしも、受けておいて挑戦もせずに放り投げておくなんて何を考えているんだ
            私が作っても1日で出来てしまうのに、でも面白い経験だった、また頼むと言われてしまった。
             
            | 製作屋に務める親父の独り言 | 17:04 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP